ゴルフ会員権のグッドゴルフ(HOME)
関東ゴルフ会員権取引業協同組合員 フリーダイヤル ニヤピン ゴルフ
株式会社グッドゴルフ 0120−281−562
お問い合わせ
我 孫 子 ゴ ル フ 倶 楽 部 (千葉)
昭和5年開場、社団法人制の日本を代表する超名門倶楽部
◎名アマ・赤星六郎が遺した日本ゴルフ史の”文化遺産”
昭和5年開場の、数少ない戦前派のゴルフ場。そして、あらゆる面で超名門と呼ばれるにふさわしい内容を誇っている。そのコースの良さと歴史的な意義は、まずはじめに挙げておかなければならない。

設計は、日本のゴルフ史上に残る名アマの赤星六郎。プリンストン大学留学中の大正18年にパインハーストCC(ノースカロライナ州)で行われた第20回スプリングトーナメントで優勝、帰国後には第1回日本オープン(昭和2年)でプロを抑え、見事優勝した。同氏は、日本にアメリカ仕込みの近代ゴルフを持ち込んだ先駆者とも言われているが、その技術とコースのあり様を具現化したのが我孫子GCだ。ある意味、日本ゴルフ史の文化的遺産でもある。
    
◎”我孫子流”を生んだ戦略的な完全林間コース
コースは手造り感覚の残る完全な林間コース。フェアウェーは広いが微妙なアンジュレーションが残り、深いバンカー、小さいグリーン等、”我孫子流”という言葉が生まれたくらい、ここでは小技が上手くないとゴルフにならない。林由郎、青木功プロらを育てたことでも有名。

ラウンドしてみて気づくのは、自然の地形を単に活かしているというだけでなく、それを手際よくデザインに取り入れ、戦略性高めていることだ。

ティ前、グリーン前、フェアウェー等をグリーンハロー(芝を張った凹部・へこみ)が横切っているホール等では、クラブの選択、ゲームの組み立てに迷う。特に6番では第2打で越える深く長い凹部があり、印象深いロングホールにしている。コースレートは72.3、距離も充分にある。

経営は、古き良き伝統と歴史を守る、個人会員による社団法人制で行われており、会員が運営・管理にあたっている。社団法人制で名義書換ができるというのは稀少性が有る。会員数も少なく、運営にもゆとりがある。

会員権市場ではかつて、”億カン”の実力。現在も2000万円台の高水準で推移しており、市場評価も相変わらず高い。まさに日本のゴルフ史で燦然と輝き続ける名コースだ。
   
 コース写真
我孫子GC 1 【クラブハウス】 【1番】 【2番】
我孫子GC 2 【3番】 【4番】 【5番】
我孫子GC 3 【6番】 【7番】 【9番】 【10番】
我孫子GC 4 【11番】 【12番】 【13番】 【レストハウス】 
我孫子GC 5 【14番】 【15番】 【16番】 【17番】 【18番】
     
 メンバーから一言
『2年前に入会したが、本当のメンバーシップの良さが随所に見られる。家から車で10分なので週に2〜3回来ている。時間が無いときは練習場だけで帰ることもある。入会して本当に良かったと思う。』 (在籍2年 M・Kさん 我孫子市在住)

『他のゴルフ場へも行くが、我孫子ほど各ホールの個性があるのも珍しい。何回プレーしても飽きがこない。素晴らしいコースだと思う。』 (在籍15年 H・Tさん 松戸市在住)
  
我孫子ゴルフ倶楽部のゴルフ会員権相場はこちら
 コース概要
所在地:千葉県我孫子市岡発戸1110
交通:常磐自動車道・柏ICから13.5q
    JR常磐線 天王台駅下車 クラブバス運行
経営会社:(社)我孫子ゴルフ倶楽部 川手士郎理事長
開場日:昭和5年10月5日
コース規模:18H 6764Y P72 63万u
コース設計:赤星六郎 
コース施工:自社
  
会員数:正会員 770名  週間会員 537名
年会費:正会員126,000円
名義書換料:正会員315万円+100万円  週間会員不可
入会条件:10年以上在籍の正会員2名の推薦
入会制限:女性・法人不可

TOP▲