ゴルフ会員権のグッドゴルフ(HOME)
関東ゴルフ会員権取引業協同組合員 フリーダイヤル ニヤピン ゴルフ
株式会社グッドゴルフ 0120−281−562
お問い合わせ
ゴルフ会員権にも種類があるってほんと?

ゴルフ会員権の種類

会員制を採用しているゴルフ場が発行しているゴルフ会員権は、「預託金制」「株主制」「社団法人制」の3つに大きく分類されます。
それぞれの特徴は下記の通りです。
【預託金制の特徴】
預託金制は一定に設定された保証金を用意し、預けることによってメンバーとして参加するスタイルのものです。
ゴルフ場はメンバーから預かった保証金をもとにゴルフ場の建設等を行い、メンバーには、それらのゴルフ場のコースを優先的にプレーする権利が与えられます。
日本における会員制ゴルフクラブのうち、多くはこの方式を採用して運営しています。預託金は、メンバーの退会時には返却されるのが一般的です。
【株主制の特徴】
ゴルフ場を運営する企業の株主となることで、メンバーとして認められます。
株主総会によって運営に参画でき、クラブの解散時にはその資産を株主比率で分配される権利を持ちます。
権利と資産の線引きが非常にはっきりとしているため、人気が高いゴルフ会員権です。
【社団法人制の特徴】
利益を追求しない公益法人のゴルフ場で、主に関東を中心として「名門」と称されるゴルフクラブは、
この方式を採用していることが多く、基本的には譲渡を許可されていないものがほとんどです。

会員制のゴルフクラブを利用する場合には、上記のいずれかの資格を持つことが必要となります。
会員権を持つことにより、特別のステータスを手に入れることができます。


会員制とパブリック制があるゴルフ場

ゴルフ場には会員が優先して利用できる会員制のゴルフ場と、一般の人たちが誰でもプレーできるパブリック制のゴルフ場の二種類に分けられます。
会員制のゴルフ場はゴルフ会員権を発行し、その会員権を所有する会員がメンバー料金で優先してプレーする権利を持っています。一人でエントリーをしてメンバー同士組み合わせでプレーができるほか、ビジターには参加できないクラブ開催の競技に参加する事ができるなど、会員としての特権を有しています。
また、メンバーの同伴や紹介がないとプレーができないゴルフ場もあります。
パブリック制はそのゴルフ場に訪れるゴルファー全員が平等といえますが、会員制のように優遇される事はなく、プレーに対しても一組単位となり会員制のように一人で気軽にエントリーする事などができません。

▲TOPへ