ゴルフ会員権のグッドゴルフ(HOME)
関東ゴルフ会員権取引業協同組合員 フリーダイヤル ニヤピン ゴルフ
株式会社グッドゴルフ 0120−281−562
お問い合わせ
ガチンコ!ゴルフ日誌最新へ
 ガチンコ!ゴルフ日誌 バックナンバー10
 2010年(平成22年)
12/28 良いお年を... 年末のご挨拶  
12/1 元祖高級接待コース レイクウッドGC1 レイクウッドGC写真
11/22 トーナメント仕様の難コース 大利根CC2  
11/10 やはり、ものが違う 上総モナークCC17 上総モナークCC紹介
10/29 総額100万円の
   ゴルフ会員権について思うこと
ゴルフ会員権相場全般  
10/8 まもなく名義書換再開の
            優良ゴルフ場
東千葉CC1  
10/4 台風が来ても
      お腹が空いても大丈夫!
グレンオークスCC55 グレンオークスCC紹介
9/28 アットホームな開場記念杯 上総モナークCC16 上総モナークCC紹介
9/13 年会費の大幅値上げ 嵐山CC6  
9/6 ホスピタリティの高い人気コース ロペ倶楽部1  
8/26 景観の美しいモンスターコース 富士桜CC1 富士桜CCの写真
8/23 コースレート74.4を実感! 大洗GC3 大洗GC紹介
8/18 相互利用で得した気分 オーク・ヒルズCC5 オーク・ヒルズCC紹介
8/10 入会費用(名義書換費用)
               の値下げ
ゴルフ会員権市場全般   
7/22 ゆとりのある運営で
          快適なおもてなし
木更津GC2  
7/16 ますます目が離せない 武蔵CC豊岡C3  
6/24 まさにスポーツウィーク サッカーとゴルフ  
6/11 優待チケットで
    名門コースを優雅に楽しむ
嵐山CC5  
5/25 日本オープンを疑似体験 武蔵CC豊岡C2 武蔵CC豊岡C写真
5/19 ひどい奴!と
       言ってもらえる喜び
成田GC4  
4/30 和風の優しい雰囲気に
      包まれた優良ゴルフ場
総成CC2  
4/22 自分に合っている会社
             と言われて
嬉しいお問い合わせ2  
4/7 ご指名いただきました! 嬉しいお問い合わせ1  
3/30 長太郎CCでの出会いから 嬉しいお取引  
3/23 長いトンネルを抜け出せるか ゴルフ会員権市場   
3/10 ゆとりのある空間を
           感じるゴルフ場
成田GC3 成田GC写真 
2/18 名変料値下げで
            更に入りやすく
玉造GC2  
2/9 戦略性豊かなモンスターコース きみさらずGL2  
2/3 正真正銘のフルバック オーク・ヒルズCC4 オーク・ヒルズCC紹介
1/12 メンバーライフ
  (わがまま言ってごめんなさい)
グレンオークスCC54 グレンオークスCC紹介
1/5 今年は『寅年』 新年のご挨拶  

▲TOPへ

12/28 良いお年を... 年末のご挨拶
早いもので、今年もあと数日で終わろうとしています。
毎年思うことですが年々時が経つのが早く感じられ、今年もあっという間の1年でした。

昨年の『年末の挨拶』で申し上げましたが
歴史的な政権交代を果たした民主党に大いに期待を寄せました。
しかし、結果は残念ながら期待通りには行かず迷走状態が続いた1年だったと思います。
日経平均株価も5月には大台の1万円を割り込むようになりました。

そんな影響もあり今年のゴルフ会員権市場も低迷を続けた1年でありました。
しかし、日経平均株価も1万円の大台を回復し
来年も強含みの展開が期待されています。
私は来年の会員権市場は日経平均株価の上昇が前提となりますが
必ず持ち直すコースが増加すると予想します。

各ゴルフ場とも以前よりもビジターを受け入れる体制が強まっていたり
年会費を値上げしたりとメンバーメリットが薄まっていますが、現在の相場は
あまりにも価値感から見て下がりすぎているゴルフ場がたくさんあると思います。
来年は会員権市場も徐々にですが回復傾向になると予想します。

一方、明るい話題と言えばやはり男子ゴルフツアーの盛り上がりではないでしょうか。
年々来場者も増加しテレビの視聴率もアップしています。
要因はなんと言っても石川遼の活躍ですが
今年も遼くん、池田勇太の日本勢とキム・キョンテとの賞金王争いが
最終戦までもつれこみ、見るものを大いに楽しませてくれました。
賞金王はキム選手が見事勝ち取りましたが
遼くん、池田選手の成長も素晴しく来年も大いに期待が持てます。

一方女子ゴルフツアーではアンソンジュ選手が序盤から常にリードする展開で圧勝。
見事初の賞金女王に輝きました。
アメリカ女子ツアーでは宮里藍の年間5勝という快挙も大いに盛り上がりました。
賞金女王は韓国のチェナヨン選手が見事勝ち取り
韓国勢の強さが一際目立った1年だったと思います。
来年は遼くんを筆頭に日本勢の海外ツアーでの活躍が期待されます。
きっと期待に応え大いに活躍してくれることでしょう!

最後に今年も当社ホームページ並びにガチンコ日誌をご愛読いただき
誠にありがとうございました。
拙い文章ですが引き続き一生懸命に書いていこうと思います。
来年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

12/1 元祖高級接待コース レイクウッドGC1
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、ゴルフ場さんのご好意でレイクウッドゴルフクラブへお邪魔しました。
私は隣の平塚富士見カントリークラブへはお邪魔していますが
レイクウッドGCは今回が初めてとなります。

レイクウッドGCは皆さんもご存知のように
高級法人接待コースの元祖とも言うべきゴルフ場です。

当初はパブリックコースで運営していましたが
昭和57年から3000万円、4000万円、5000万円と
当時としては高額の会員権募集をしましたが順調に完売しました。
しかし、バブル期に群馬県と長野県に新設の2コースを作り上げたのが重荷となり
平成16年に突如、特別清算で旧会社を清算しました。
その後は日本土地建物、清水建設等の協力のもと新会社で再生されています。

コースは接待に適した景観の美しい東コースと
アベレージゴルファーも楽しめる西コースの計36ホール。
東名高速道・秦野中井ICから約10分と
東京西地区、神奈川方面の方からはとても至便な場所にあります。

今回は西コースでしたが、6、8番は多少の起伏がありますが
それ以外はフラットで景観の美しいコースです。
フロントからなら接待コースとしても充分利用できます。
西コースはティーグランドを数箇所後方に新設していますので
そちらが出来上がると益々難しくなるでしょう。

メンテナンスも上々ですが、特にグリーンはとても良い仕上がりで
高級コースとして申し分ない状態でした。

富士山も見え、ちょうど紅葉も綺麗な時期に重なり
久しぶりに雄大な山あいと紅葉のハーモニーを見ることができました。

昼食はクラブハウスとは別棟の湖畔亭でいただきましたが
広々とした空間はなかなかの贅沢な造り。
ガラス越しに見渡すコースは額縁の中の絵のようです。

今回はお薦めのお寿司をいただきましたが、こちらのネタ、なかなかの絶品です。
ゴルフ場で食したネタとしてはピカイチです。

聞いた話しではメンバーのとある有名会社の社長さんも
プレー後には必ずこちらのお寿司を食べてから帰られるとのこと。
機会があれば是非ご賞味下さい。

プレー後の説明会では辻本社長はじめ幹部の方々から
レイクウッドGCを日本有数のゴルフコースにしたいという熱意が感じられました。
海外にも目を向けた戦略も立てています。

今のメンテナンスをしっかり維持して接客面も一流にすれば
日本を代表する接待コースとなること間違いありません。
素晴らしい素材のゴルフ場だと感じました。
(今回撮影した写真がご覧いただけます。レイクウッドGC(西コース)の写真はこちら


▲TOPへ

11/22 トーナメント仕様の難コース  大利根CC2
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、大利根カントリークラブさんのご好意で懇親ゴルフ会に参加致しました。
約1年ぶりになります。

昨年お邪魔した時は西コースを廻りましたが
グリーンを張り替えて間もない時期で、グリーンがとても重かったことを記憶しています。
しかし、今回は9月に日本女子オープンを開催した東コースを廻りました。

テレビ中継で宮里美香の勇姿をご覧になった方も多いと思いますが
まさにテレビ中継の中にタイムスリップしたかのような雰囲気。
日本女子オープンでは、とにかくラフにボールを入れないように
各プレーヤーが細心の注意を払い解説者も
『あのラフに入れたら2打目は難しい』と話していたことを思い出します。

今回のラフも、トーナメント時よりは刈ってあるものの
ボールがスッポリと入りこんでしまうとても厄介なラフでした。
特にグリーン周りのラフはもじゃもじゃの剛毛という感じで
そこに入れるとまともに寄りません。
よくプロがラフならバンカーの方がましと言いますが、その気持ちを実感しました。

また、この日はドライバーが不調で何度も右の林に入れてしまいました。
当然仕方なく横に出すだけですが、手前のラフがきつくフェアウェイまでは届きません。
やむなく3打目もやっかいなラフからの難しいショット。
結果グリーンを外し、またもや難しいラフからのアプローチ。

グリーンに乗っても超高速グリーンで、上や横からはまず入らない。
よってトリプルやダブルパーを簡単に打ってしまうという、とても疲れるゴルフでした。
久しぶりに『コテンパンにやっつけられた』を実感です。
こういうトーナメント仕様でもアンダーを出すプロの凄さも再認識しました。

大利根CCは昭和35年開場の言わずと知れた茨城県のプライスリーダーであり
今年で50周年を迎える名門コースです。
名匠井上誠一設計の味わい深いレイアウトは、決して結果オーライを許さず
正確なショットが要求されます。

今回の日本女子オープンや男子のレクサスカップも開催され認知度も上がり
日本屈指の名門ゴルフ場として歩み続けています。
今後も本当の名門コースとして大いに注目です。
(今回撮影した写真がご覧いただけます。大利根CC(東コース)の写真はこちら

11/10 やはり、ものが違う 上総モナークCC17
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、お馴染みのミック浅見さんが
オーストラリアから一時帰国され、久しぶりにゴルフへ行きました。

今回は上総モナークCCのOさんのセッティングでしたので
私もメンバーである上総モナークカントリークラブでプレーとなりました。

ミックさんとは約1年ぶりのゴルフとなります。
久しぶりのスクラッチプレーヤーとのゴルフで、とても楽しみにしていましたが
最初に感じたのは、以前よりもパッティングの精度が上がっていたことです。
2〜3メートルの入れ頃外し頃をしっかりと入れていました。
また、4〜5メートルのパッティングは外してもカップをかすめたり
入ってもおかしくない惜しいパットで何処からでも入りそうな雰囲気です。

ミックさん曰く「オーストラリアのグリーンは傾斜が強くとても速いので
久しぶりに日本ですると、どのグリーンも平に見える」と言っていました。
上総モナークCCのグリーンは、相変わらず素晴らしい状態で良い転がりでしたが
ミックさんからみると、そんなに速くないと感じるのでしょう。

また、ショットに関してはもともとライン出しが完璧な人ですが
今回は距離感がややショート目でした。
本人も「今の暖かいオーストラリアと違い、日本は寒くボールが飛ばない。
でも今までの感覚が邪魔してどうしても突っ込めない」と言っていましたが
見ていてまさしくその通りと感じました。

結局71の1アンダーで廻っていましたが
あと2〜3回日本でゴルフをすれば、とてつもないアンダーが出るのではないでしょうか。
以前よりも間違いなく精度が上がっています。

聞くと、ストレッチやダンベルトレーニングを行ったり
ランニングもこまめにされているようで、以前よりも体が強くなったようです。
スウィングの見た目は、以前よりもゆったり振っているように見えるのですが
ボールはしっかりとした球筋で、決して吹き上がることがない強いボールを打っていました。

久しぶりにスクラッチプレーヤーの素晴らしいゴルフを見て
やはり、ものが違うなあと感じました。


▲TOPへ

10/29 総額100万円のゴルフ会員権について思うこと ゴルフ会員権相場全般
こんにちは、ガチンコ!です。
円高と日経平均株価がもたつく中
残念ながらゴルフ会員権相場も全体的に弱含みで推移しています。
優良人気コースの中には信じられないくらいの価格帯になっている
コースが数多く見受けられます。

嬉しいことに購入検討のお問い合わせもかなり増加してきました。
当社で一番お問い合わせが多いのは強く推奨している
グレンオークスCCとオーク・ヒルズCCになりますが
色々な方とメールでやりとりをする中、先日ふと再認識することがありましたので
今回はその話をさせていただきます。

お問い合わせの中で、ちょうど100万円のご予算で
グレンオークスCCとオーク・ヒルズCCを比較検討している方が3名いらっしゃいました。
その方々にメールでお答えする中で下記の一文を書きました。

『最近は価格競争の影響もありビジター料金が低下し
メンバー料金との格差が少なくなってきました。
しかし、土日に関しては殆んどのゴルフ場で少なくても1万円の格差はあります。
仮に入会して月平均3回プレーした場合、3回×12ヶ月で年間36万円は得をします。
このペースで3年間利用した場合36万円×3年で108万円と
たった3年で元が取れてしまうのです。その後は使えば使うほど得をします。
万が一相場が下がっても、3年の利用で元はすでに取れているのです。』

もちろん年会費もありますし、プレーをする料金もありますが
実際に得をすることには間違いはありません。
優良コースになるとハイシーズンの土日のビジター料金は2万5千円ほどになるので
2年ほどで元が取れる計算にもなります。

現在は不況感が強く、会員権市場も今後どのように推移するか正直わかりません。
これだけ下がればあとは徐々に持ち直すだろうという考えもありますし
まだまだ弱含みで推移するだろうという考えもあると思います。
しかし、100万円のゴルフ会員権は使い方によっては2〜3年で償却できるので
仮に相場が下がっても実質は損をしないのです。

また、メンバーになると月例競技に出ることができます。
色々な競技会に出るとゴルフに対するモチベーションは間違いなく上がり
練習にも張りができ、その気持ちの葛藤が楽しいのではないでしょうか。
また、なんといってもメンバーとしての最大の魅力は
天気予報を見ながら一人で直前に予約をしてマイペースでゴルフができることなのです。
ネット予約では一人で直前に予約を入れるのは不可能です。

ゴルフ会員権を購入される方で一番多い理由は
『今まで友人を誘って一組単位で予約を入れていたが
仲間を集めるのも面倒になってきた。
また、友人と自分とはゴルフに対するモチベーションが違うので
自分のペースで好きな時に行ける環境にしたい。』ということ。

また、入会して喜んでいただけることは
『一人でフリーでプレーに行く中で色々なメンバーさんと知り合うことができ
素晴らしい交友関係が広がった。
中には普段なら絶対にお目にかかれないような著名な人とも一緒にゴルフができたり
色々な意味でとても勉強になる。また、自然と自分と気の合うゴルフ仲間もでき
自分のペースで楽しくメンバーライフを送っている。』

上記のような意見が数多く聞こえてきます。

私は約25年間このゴルフ会員権業界に従事しています。
今までも相場は上がったり下がったりを繰り返してきました。
しかし、リーマンショック以降、これだけ低迷が続く相場環境は初めてになります。
やはり色々なゴルフ場の入会をお世話する身なので
そのゴルフ場が値下がりすると。携わった私もいい気持ちはしません。

しかし、冒頭書きましたように総額100万円は利用頻度の高い方にとっては
たった2〜3年で償却できる金額であるという事実。
そして料金面意外にもゴルフ場での交流を通して素敵な出会いがあったり
予約面も含めゴルファーとしてメンバーになる価値は充分にあるのだと再認識したら
先行きは不透明でも購入検討の方には強く推奨してもいいんだと
とてもすっきりした気持ちになれました。

現在は低迷する相場の影響で総額100万円でも
十二分にメンバーメリットのあるゴルフ場は沢山あります。

冒頭のグレンオークスCCとオーク・ヒルズCC、上総モナークCCなどは
現在まさに100万円銘柄になっていますが、とても価値のあるゴルフ場です。

上記以外のゴルフ場も、正確な情報をタイムリーにそして誠実にお答えしていきます。
ご検討の方がいらっしゃいましたら是非当社へお問い合わせ下さい。

この年末の相場が千載一遇の大チャンスになるかもしれません。
以上、すっきりと明るい気持ちになったガチンコ!でした。

10/8 まもなく名義書換再開の優良ゴルフ場 東千葉CC1
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、ゴルフ場さんのご好意により東千葉カントリー倶楽部の視察会へ行ってきました。
約15年ぶりとなります。
前回プレーしたのは西コースでしたが、今回は運良く東コースをプレーできました。

今回は視察会ということで同業者のお三方と御一緒。
ティグランドは好きなところでOKということで
せっかくなので、バックティからプレーさせていただきました。

最初に驚いたのはグリーンも含むメンテナンスの良さです。
特にグリーン周りの芝の状態は素晴らしく
芝がしっかりと立っているのでアプローチがしやすい。
今年の猛暑を考えたら、素晴らしい状態をキープしていると言えるでしょう。

今回の東コースは、以前廻った西コースとはまったく雰囲気が違います。
7149ヤードと距離も長く戦略性の高いレイアウト。
全体的にドックレックのホールが多く、ハザードのプレッシャーもあり
ティショットの落としどころが限られます。トップアスリートに好まれる理由が理解できます。

一方の西コースは、フラットでフェアウェイも広く景観の美しいコース。
主に接待利用のメンバーが好んでいる様子。
東、西まったく違った顔を持つ36ホールで
そういう意味でも飽きの来ないレイアウトだと感じました。

ご存知の方も多いと思いますが、東千葉CCは関東倶楽部対抗での
優勝常連ゴルフ場としても有名です。
数多くのトップアマが在籍しており、この6年間でなんと3度も優勝しているのです。
こちらの代表選手になるには熾烈を極めると聞いています。

東千葉カントリー倶楽部は昭和52年に開場後
預託金の返還問題から平成20年に民事再生法を申請。
当初韓国系の企業がスポンサー契約になるかと思われましたが
紆余曲折のあと、現在のオリックスグループが正式なスポンサーとなり稼動しました。

当初のメンバー数は証券の分割が横行し7000名近くに膨れ上がりましたが
今回の法的処置で2000名以上が退会して
現在のメンバー数は4891名とだいぶスリムになりました。

今回私は東関道の佐倉ICから行ってみました。
ちょっと?なナビの道順で約40分掛かりましたが
ベストルートを覚えれば30〜35分で到着すると思います。
京葉道路経由の場合は、東金道路・東金料金所から5分と至便な場所にあります。

今年の12月より名義書換が開始されるのですが、当初半年間はキャンペーン価格として
従来の名義書換料105万円を73.5万円で行います。

クラブハウスもゆったりとしていてAランク。
従業員・キャディさんも皆感じが良さそうで、思わず欲しくなってしまいました。

難を言えば、メンバー数が多いので
1組単位の予約は早めでないと取りづらいことでしょうか。
月例競技の予約も1ヶ月前からですが、当日で一杯になることもあるようです。
ただ、お一人でぶらっと行く分には殆んど問題なさそうです。

千葉方面で入会をお考えの方にはお勧めコースとしてリストアップ致します。
視察プレーも承りますので、ご興味のある方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

10/4 台風が来てもお腹が空いても大丈夫! グレンオークスCC55
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、視察の方のお供でグレンオークスカントリークラブへ行きました。
視察の方はクラブバスを利用したいということで
練習時間も考慮して9時30分頃の遅めのスタートです。

しかし、当日は台風の影響で雨風が強く、少しでも遅いほうが落ち着くということで
フロントにお願いしてスタート時間を更にずらしてもらい10時30分のスタートとなりました。
お陰で雨は殆んど止んだのですが、暫くは強風の中でのプレーとなりました。

グレンオークスCCのグリーンは10月のクラチャンに照準を合わせ
グリーンの仕上がりがだいぶ良くなってきました。
今年の猛暑を考えるとなかなかの状態です。
しかし、この日は台風の影響でせっかくのグリーンも
グリーン上には落ち葉や枯れ木が沢山落ちていて、まともなパットは打てません。
それでも5ホール目に入ると風も落ち着き、台風一過の青空が見えてきました。

2時間ちょっとでハーフを終えると、そのままスルーでも廻れるとのことで
協議の結果スルーで廻ることにしましたが
自宅で朝食を7時前に取った私はお腹が空いてしまいました。
これでは力が入らないと思い、キャディマスター室に相談し
カツサンドを注文して届けてもらえないかとお願いすると
嫌な顔ひとつせず、速攻でレストランに連絡をしてくれて
『それでは出来次第お届けにあがります!!』と嬉しい対応をしてくれました。
さすがグレンオークスCC従業員、クオリティが高い!

10番ホールが終わり、11番のティグランドにいると早速届けてくれました。
12番のティグランドでキャディさんも含め、皆で美味しくいただきました。

後半は風も穏やかになり約2時間で廻り
レストランで軽く遅めの昼食を取り、お風呂に入ってゴルフ場をあとにしました。
今回のご視察の方は、先日オーク・ヒルズCCをプレーされ
今回のグレンオークスCCと見比べた上で、入会コースを決めたいとお考えの方でした。

天候が心配でしたが、途中からは晴れ間も出て
グレンオークスCCの景観の美しさと
従業員のホスピタリティの高さを認識してもらえたと思います。
2日後の月曜日には早速入会の意志をご連絡いただき
無事取り決めをすることが出来ました。

しかし、こんな素晴しいコースが何故100万円を切っているのか?
本当に不思議です。
でも理由は判っています。その理由もまもなく解消されるでしょう。
今後に大いに期待が持てます。


▲TOPへ

9/28 アットホームな開場記念杯 上総モナークCC16
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、上総モナークカントリークラブの開場記念杯に初めて参加してきました。
今まではあるところの役員をしている関係で
開場記念杯のこの時期はどうしても空けることが出来なかったのですが
今年から任を解かれ、やっと初参加をすることができました。

上総モナークCCの開場記念杯はとても盛大で人気が高く
毎年すぐにキャンセル待ちになると聞いていました。
今年はレイン君に予約をお願いしたのですが
予約開始時刻から、わずか20分で
全て埋まってしまったそうです。

当日は40組160名の参加。
ショットガンスタートにて開始されます。
女性はレディースティ、男性はレギュラーティを利用し
ドラコン2ホール、ニアピンは4ホール全てになります。

ただ、ドラコンもニアピンもショットガンの為160名全員で競うのです。
よってドラコンもはるか遠くにそして、ニアピンは5センチ以内というのが2箇所もあり
これを破るにはホールインワンしかないではないか?
というめちゃくちゃハイレベルな戦いになります。

昼食はやきそば、カレー、フランクフルト、豚汁などの出店から
好きなものを好きなだけいただけます。
普段あまりお見かけしない従業員の方々も、皆さんはっぴを着て
暖かくおもてなしをしてくれます。
また、各組のキャディさんも出店近くの円卓で青空の下
プレーヤーと一緒に食事をするので、普段と違う親近感が芽生えます。
ビール、ジュースも飲み放題で思わず満腹状態となってしまいました。

前半ドライバーがまったく当たらず苦戦していたのですが
缶ビールを2本いただいたあとの後半はドライバーも当たりだし
後半は7ホールを終わって1アンダー!
しかし、17番ショートでボギーを打つとペースが乱れ18番はダボと
結局42、38の80回でした。
今回は新ぺリアですのでワンバーディ、ワンダブルボギーの私は
多くのハンディキャップは望めません。飛び賞に期待をしましたが結果は如何に???

しかし、上総モナークCCのメンテナンスは何時来ても素晴らしく
特にグリーンはこの夏の猛暑の影響も関係なく素晴らしい仕上がりでした。

開場記念杯の人気の秘密は豪華商品にもあると思います。
優勝は5万円相当の旅行券、準優勝はホテルオークラペア宿泊券
3位はヘリコプターナイトクルーズぺア搭乗券、当日賞は20インチ液晶テレビ
理事長賞はデスクトップパソコン(18万円相当)ベスト10、ワースト10、飛び賞、その他と
司会の藤田さん(女優)と中畑清さんが延々と順位を発表しましたが
さすがプロ、テンポ良く楽しく場を盛り上げてくれました。

そして、昨年に引き続き上総モナークCCでとても有名なIさんが、ネット66,4で優勝。
準優勝とベスグロは、今年のクラチャンであるFさんが実力を発揮して取られました。
結局私はハンディキャップが6ついて38位となり賞には絡まず
参加賞の焼酎を寂しく持ち帰りました。(液晶テレビが欲しかった。。。)

また、パーティ会場でも本日ついてくれたキャディさんが同じテーブルに着いてくれます。
ただ私服に着替えてなので、なにか変な感じです。
しかし、この試みはメンバーとキャディさんの親密度は一気に高まり
今後もより仲良くできそうでとても良い企画と思いました。
理事長賞では、該当者が帰宅されたので理事長の判断で
従業員も含めた全員が参加する大ジャンケン大会となり、大いに盛り上がりました。

やっと参加することが出来た上総モナークCCの開場記念杯ですが
噂通りのとても楽しくアットホームな素晴らしい会でした。
来年も是非参加したいと強く思ったガチンコ!でした。

また、上総モナークCCでは10月より追加募集を開始します。
(詳しくはこちら→上総モナークカントリークラブ正会員募集案内
視察プレーも承りますので
まだプレーをしていない方、ご興味のある方は是非ご連絡下さい。
ジャック・ニクラスの戦略性の高いコースがあなたを優しく迎え入れてくれます。


←気さくにポーズをとってくれる中畑清さん









模擬店の様子↓                      名物8番ホール↓












9/13 年会費の大幅値上げ 嵐山CC6
こんにちは、ガチンコ!です。

先日、お得意様が多数在籍する私の大好きなコースの一つである
嵐山カントリークラブが年会費の大幅値上げを発表しました。
いままで73,500円だった年会費を今年の10月より15万円に値上げします。

嵐山CCは、埼玉県の名門ゴルフ場としてコースメンテナンスの良さはもちろん
日曜、祝日はビジターを排除し、会員しかプレーできないスタイルは
メンバーシップコースとして確固たる評価を得ています。
しかし、入会費用が高額なのと入会審査が厳格な為
最近は会員権相場も信じられないような低価格で推移していました。

そして、今回の年会費増額の発表で売り希望はさらに増加し
現在買い希望は皆無となっています。

今回の値上げは、平日の来場者の大幅な減少による収支の赤字を埋める為
と言われていますが、年に数えるほどしか行かないメンバーは当然
年会費の負担増から売却を考えることでしょう。

嵐山CCの預託金(ゴルフ会員権の証券)は低額で、20〜40万円が主流になります。
現在は残念ながら市場で売却することは困難ですので
どうしても辞めたい方は、直接ゴルフ場に退会申請をすれば預託金は戻ってきます。
そして入会預託金をお持ちの方はそちらも返還されます。

しかし、しかしです。
バブル期に高額で購入した方は、上記の退会手続では譲渡損失が出せないのです。

先日も、以前嵐山CCを約2千万円で購入して下さった方から連絡をいただいたのですが
その方は現在も高収入の方で、仮に市場で1万円でもいいから売却をすれば
大きな譲渡損失を確定申告で計上することができるのです。
おそらく所得税、住民税で合わせると500万円以上の税金メリットがあります。

この方の場合は、是が非でも市場で売却をしたほうが圧倒的に有利なのですが
現在の市場の状況を見ると、何時購入希望が出るかは残念ながら不明です。
また、この方と同じ立場の方が多数いらっしゃると思います。

おそらく、嵐山CCでは今回の処置について
理事会で喧々囂々の意見が取り交わされたことと思います。
そして、今後はよりメンバーシップが充実するよう色々な算段を考えているでしょうし
アクティブなメンバーからは賛成意見もあったのでしょう。

メンテナンスが最高で、いつでもゆったりとプレーでき
服装やマナーのよろしくないビジターを入れずに済むのであれば
多少年会費が高くても大歓迎というメンバーもいるのだと思います。

ただ、噂では状況によっては更なる年会費の値上げも視野に入れているとのこと。
これからの倶楽部の運営がどのようになるのか目が離せません。

年会費が15万円となると
これから入会を考える方にとっては二の足を踏む大きな要因です。
現在のメンバーの意見を取り入れることも大事ですが
新しくメンバーになりたいと思う方が現れるゴルフ場でないと
バランスが取れないのではないでしょうか。

今回の値上げから、『嵐山CCは前よりもさらにこんなところが良くなったよ』
というメンバーからの声が聞こえ、新生嵐山CCの容姿がしっかりとみえるまでは
入会希望者は様子見となるでしょう。

今後の運営に大いに注目です。

9/6 ホスピタリティの高い人気コース  ロペ倶楽部1
こんにちは、ガチンコ!です。
先日の大洗GC、富士桜CCに続き今回も大変素晴らしいコースでプレーをして来ました。
日本の人気コースベスト100の中で常に上位にランキングされる
栃木県のロペ倶楽部です。
こちらはパブリックコースでメンバーになることは出来ませんが
姉妹コースのジュンクラシックCCと共に、とても人気の高いコースです。

以前は『ジーン・サラゼン ジュンクラシック』が
ジュンクラシックとロペ倶楽部で開催されていました。
一度はプレーしたいと思っていたコースです。
今回は最近ご一緒する機会が増えたS先生のコンペに特別参加をさせていただきました。

初めてプレーするロペですが、起伏の少ない雄大な丘陵コース。
バックティからもショートカットを狙えるミドルやロングなど、戦略性豊かなレイアウト。
特に印象的なのは9番527ヤードのロングホール。
浮島のフェアウェイを狙うと残り170ヤード前後でツーオンが狙えます。
また、12番530ヤードのロングもキャリーで230ヤード打てればショートカットが狙えます。
たまたま2日ともティショットが上手く行き初日はパーで2日目にはバーディが取れました。

16番437ヤードのミドルも難易度が高く距離があり
グリーン手前にはガードバンカーが覆い尽くしています。
残り200ヤード近くをしっかりした球で攻めないとパーオンはしません。
こちらは2回ともドライバーは完璧でしたがパーオンはできませんでした。

メンテについてですが、フェアウェイのメンテは良いものの
グリーンはだいぶ痛んでいる箇所が多くありました。
また、バンカーの砂が薄くコンクリート状態の箇所もいくつもあるのが残念でした。

初日はプレー後、素晴らしい広々とした練習場で皆でみっちり反省の打ち込みをした後
自慢の露天風呂(温泉)でゆっくりとバスタイム。そして夕刻には大宴会となりました。
大宴会は全て太っ腹のS先生のおごりです。S先生ご馳走様でした。

宿泊は複数のロッジとホテルがあり
今回は運よくホテルのシングルに泊まることができました。
部屋は清潔感があり、ゆとりのある造りで大満足です。
(シングルは人気があり中々取れない様子。宿泊代は朝食込み5,000円)

翌日は朝6時から大浴場に入れるので、5時半に起床してお風呂に入り
朝食を済ませ7時30分のトップスタートから総勢4組で廻りました。
この日は4組のチーム戦、各組全員のグロスのスコアの総合計で競います。
そして結果は???
1組目とまったく同じスコアでしたが代表者のジャンケンで見事優勝!!賞品は秘密?

ご存知の方も多いと思いますが、こちらのゴルフ場はゴルフ場の至るところに
無料のドリンクバーやびん詰めのコーラやジュースが飲み放題となっています。
レストランでも飲み放題なので遠慮なく飲むことができます。(※アルコールは有料)

また、お風呂場の休憩室にはヤクルトが山積みになっていて
こちらも好きなだけ飲むことが出来ます。
また、お風呂場では従業員の方がシューズを磨いてくれたりと
非常にホスピタリティの高いゴルフ場です。

人気が高くいつも予約を取るのが大変だと聞いていましたが
その理由をしっかり体感することができました。
皆さんも是非一度足を運ぶことをお勧めします。

8月は普段行かない優良コースに沢山行くことができ大満足のガチンコ!でした。


▲TOPへ

8/26 景観の美しいモンスターコース 富士桜CC1
こんにちは、ガチンコ!です。
先日の大洗GCに続き、今回も大変素晴らしいコースでプレーをして来ました。
日本男子トーナメント、フジサンケイクラシックが開催される富士桜カントリー倶楽部です。

こちらのコースは数年前に約1年間コースをクローズして大改造を行いました。
現在は全長7,429ヤードのモンスターコースとなり
2005年からはフジサンケイクラシックが毎年開催されています。
昨年は石川遼が見事優勝を飾ったコースとしても記憶に新しいのではないでしょうか。

実は私、大改造される前にメンバーのYさんに誘われ2度プレーしたことがあります。
今回もYさんのお誘いでお邪魔したのですが、とにかく行ってビックリ!
まったく違ったコースに生まれ変わっていたのです。

距離が伸びたこともさることながら、池やバンカーを新たに配置したレイアウトは
富士の裾野の独特な林間風を残しながらもアメリカンスタイルの趣きも強く
景観の美しい素晴しいコースに変貌しました。

最近はトーナメントのテレビ中継で注目されたことも手伝い
来場者が多くリピーターも増加しているそうですが
この美しい景観と素晴しいレイアウトはゴルファーを魅了せずにはいられないと思います。

特に印象に残ったのは石川遼が果敢にツーオンを狙った5番564ヤードロングホール
(トーナメントではティグランドを前にする模様)と景観の美しい9番420ヤードミドル
共にグリーン手前の池と大きなバンカーが特徴的です。

そしてINコースでは景観の美しい16番池越えショートホールと
難易度も高い10番463ヤードミドルホールです。
距離のある右ドックレックですがそびえたつ赤松の美しさがなんとも言えません。
グリーン上から振り返った景色がパーフェクトです!

この日はフルバックではなくブルーティで廻りましたので
距離的なモンスター感は体感できませんでしたが
ワンハーフをプレーしてINコースを2回廻り
どのホールも個性的でコース戦略の難しさと景観の美しさはまるで別世界にいるようで
夢の中でゴルフをしている感覚になりました。

今回残念ながら富士山を拝むことは出来ませんでしたが
楽しみは次回に取っておきたいと思います。

今年のフジサンケイクラシックは9月2日から5日まで開催されます。
きっとテレビ中継を見る方も多いと思いますが是非、お見逃しなく。
景観の美しさをテレビを通して味わってみて下さい。

そして実際にプレーすることを強く強くお勧め致します。一押し二押し三押しです!
以上、またまた大満足のガチンコ!でした。
(今回撮影した写真がご覧いただけます。富士桜CCの写真はこちら

8/23 コースレート74.4を実感! 大洗GC3
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、グレンオークスCCのSさんに誘われて
日本で一番難しいコースと言われる大洗ゴルフ倶楽部へ行ってきました。
約6〜7年ぶりとなります。

今回はSさんの同級生で大洗GCのメンバーIさんと、友人のHさんと4人でまわります。
前日に大洗GCのロッジに6時に集合。挨拶もそこそこにタクシーに乗り込み
地元で有名な居酒屋でにぎやかに酒盛りとなりました。

今回はメンバーのIさんの誕生日優待券を利用させていただいたので
殆んどメンバーフィでプレーすることが出来ました。Iさんありがとうございます!!
当日はIさんにバックティをお願いしたのですが
運よく全てが本当のバックティの位置にティーグランドがあり
井上誠一と正確に対話することができました。

OUT1番442ヤードのミドルホールからプレーをしましたが
以前プレーしたときよりもまた一段と松林が大きく、そして高くなった感じがします。
また、以前プレーしたレギュラーティからは感じることのない松が
バックティからは直前に左右からせり出していて
ティーショットの空間をとても狭くしています。

S字のロングやミドルホールが多数あり、ティーショットの落としどころが極端に狭く
少しでも狙いより左右に行ったらノーチャンス的なホールが数多くあります。
フェアウウェイも全体的に狭く、フェアウェイキープが難しい。

一方INコースは距離が長いのですが、比較的広々としているホールも点在します。
しかし上がり3ホールは本当に距離があり
16番ショート245ヤード、17番ミドル456ヤード、18番ミドル437ヤードと
ティーショットをミスするとパーの可能性は極端に低くなります。

特に16番ショートはいつもアゲンストになるそうで
当日はキャディさんから260ヤードでちょうど乗ると言われました。
もちろんドライバーで挑戦し、運よく何とか右はじにパーオンこそしましたが
真横からのパットは傾斜がきつく案の定3パットでボギーとなってしまいました。

特に印象深いホールはOUTの5番450ヤードミドル、ハンディキャップ1。
270ヤード地点右サイドに大きな松林(ここでは中之島と言われている)があり
センターから左サイド(約20ヤード幅)に打たないと
この中之島がグリーンをさえぎってしまう。(左サイドは当然林がスタイミー)

たまたま3人がナイスショットで殆んど同じ位置で260ヤード地点。
しかし、私のボールだけ少し右でどうしても中之島に掛かってしまい
グリーンを狙えません。S字なので左からスライスという攻めもできないのです。
あと5ヤード左なら狙えました。しかしレイアップして打った3打目は
ピンハイ1.5メートルに3オンして見事パーをとりました。

大洗GCのハンディ1をパーですから、めちゃくちゃ嬉しかったです。
一方2オンを狙えるお二人は共に右にプッシュアウト。
一人はなんと松の枝に掛かったようでロスト。
もう一人もダボとせっかくのナイスドライバーも実を結びませんでした。

また、7番573ヤードのロングも難しい。
お決まりのS字でありながら途中に大きな松林が行く手をさえぎり
ティーショットの落としどころが限られてしまう。
9番445ヤードのミドルも難易度が高く
ティーショットでは右サイドの大きな松林の真上を越えないとパーオンが狙えなくなる。
250ヤード級のティーショットを正確に打てないと2オンは狙えないのです。
(アマチュアには厳しすぎる、、、)

おそらくレギュラーティからは松林越えも距離的に楽になったり
落としどころも広くなるホールがあると思います。
バックティとレギュラーティで難易度が様変わりする、それが大洗GCなのです。
今回初めてバックティからプレーでき大洗GCのコースレート74.4の実力を
そして井上誠一の設計の意図をしっかりと堪能することができました。

昼食は名物のビーフシチューがお薦めです。
本当に柔らかいお肉は一流レストランにも引けをとらず
超美食家のSさんも絶賛していました。また、おつまみやドリンクも安くて美味しいので
昼食では皆で生ビールをお代わりして、後半は猛暑の中バテぎみになってしまいました。
(中生550円、コーラ150円、キムチ200円、ざるそば500円等々)
また、ロッジは殆んどがシングルなので寝るときも気を使いません。
料金は4,200円ですので時間に余裕がある方は前泊をお勧めします。

美味しい肴とお酒を酌み交わし翌日のニギリの相談で盛り上がれれば
それは至福のひと時となるでしょう。
しかし翌日には大洗GCの素晴しい景色とレイアウトが待っています。
飲みすぎには注意して下さい。以上、大満足のガチンコ!でした。
(今回撮影した写真がご覧いただけます。大洗GCの写真はこちら

8/18 相互利用で得した気分 オーク・ヒルズCC5
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、グレンオークスCCの仲間4人で
久しぶりにオーク・ヒルズカントリークラブへ行ってきました。

グレンオークスCC、オーク・ヒルズCC、皆川城CCでは、夏と冬は相互利用の時期で
3コースのメンバーはお互いにメンバー扱いでプレーができるのです。
当然、全員メンバーフィになりますのでとても得した気分になれます。

特にSちゃん、Kさんは、オーク・ヒルズCCは初めてなので
とても楽しみにしていた様子で、だいぶ早めに来場していました。
今回も全員飛ばし屋さんなので迷わずゴールドティを選択。
特に若いSちゃんは、グレンオークスCCでも飛ばし屋さんベスト3に入るゴルファーなので
力まないように頑張りたいと思います。

しかし、しかしです。スタートホールからいきなりスライスボールで隣のホールへ。
そこから上手くリカバリーをしてパー発進となりましたが
その後もドライバーは安定せず、そのうちにショットもおかしくなり
久しぶりに大叩きのラウンドとなってしまいました。

帰りの車でOさんから、『ガチンコさん最近良くなっていたタイミングと力感が無く
今日はすこぶる力んでいたよ』と言われました。
自分では、Sちゃんとは何度も廻っていて飛距離ではとても敵わないと思っているので
力んだつもりは無かったのですが、ついつい元来の負けん気が出ていたようです。

久しぶりのオーク・ヒルズCCでしたが、残念ながらグリーンは重く
病気に掛かっているホールもあり、フェアウェイの芝付もイマイチでした。
すぐ隣の我がホームコースの状態が今年はとても良いと実感しました。

今回は、最近好調だったショットがまったく駄目でとてもストレスの溜まるラウンドでしたが
やはりこの相互利用はとても得した気分になれます。
キャディさんも、気の利く可愛らしい方でとてもナイスな方でした。
是非もう一度調子を上げてリベンジしたいと思います。
以上、ガチンコ!でした。

8/10 入会費用(名義書換費用)の値下げ ゴルフ会員権市場全般
こんにちは、ガチンコ!です。

相変わらず会員権相場は低迷を続けております。
理由はリーマンショック以降の不況感、政局不安や株価の低迷、
また、なかなか将来の展望が見えない状況に消費は著しく低迷しているのだと思います。

しかし、今回取り上げたいのは会員権相場が下がったことにより
入会費用(名義書換料や入会金)の割高感がさらに強まっていることも
大きな一因であることをお話ししたいと思います。

一例ですが、千葉県の京葉CCは昭和34年開場、
京葉道・貝塚ICから約7キロと、都心からもとても近い優良林間コースです。
最近では女子プロトーナメントも開催されています。
そんな人気コースですが、会員権相場はなんと20万円前後。
それに対して名義書換料は157.5万円と高額です。

しかし、入会するための総費用が200万円以内ということを考えれば
立地やコースの状況、メンバーメリットを考えると私は決して高くはないと思います。
ですが、購入者からしてみると会員権の価格が20万円のものに対し
入会費用が150万円以上も掛かるのは、納得がいかず皆さん二の足を踏むのです。

もしも1年後に、病気や怪我でゴルフが出来なくなって止む終えず会員権を売却する場合
仮に同じ相場であると仮定すると、20万円でしか売却することが出来ないのです。
こんなおかしな状況は、残念ながらゴルフ会員権市場しかないのではないでしょうか。

例えば、30万円の中古の車を購入した場合に
登録費用が100万円するとなったらどうでしょう、購入する人は激減します。
また、仮に中古マンションの相場が100万円で
書換及び取得費用が1000万円だとしたらどうでしょう。
皆さん購入意欲は間違いなく減退し、賃貸で充分だと考える方が増えるはずです。

その昔、ゴルフ会員権の入会費用は会員権相場の1〜3割と言われました。
しかし、バブル期に会員権相場が大きく上昇し
各ゴルフ場は相場に合わせて入会費用を値上げしたのです。
相模原CCや戸塚CCは、入会費用が1000万円をゆうに超えますが
バブル期には会員権相場が1億円を大きく超えていたので、入会費用は1割未満です。
入会希望者はなんの違和感もなく会員権を取得して入会したのです。

そしてバブル崩壊後、会員権相場は大きく値下がりしました。
しかし、ゴルフ場は一度値上げをした入会費用をなかなかもとに戻せません。
そんな状況から、京葉CCのような
入会費用が会員権相場の8倍もするゴルフ場が増えてしまったのです。
他にも、会員権価格が1万円で入会費用が50〜60万円というゴルフ場もざらにあります。
これでは入会希望者はたまにしか出現しないのも仕方のないことです。

そんな中、最近大英断をしたゴルフ場が出現しました。

最初に口火を切ったのは神奈川県にある『秦野カントリークラブ』
名義書換料が50万円だったところを、何と10万円(消費税別)に値下げしました!
今までは入会費用が高く購入希望者はほとんどいない状況でしたが
この値下げから買い希望は増加して現在では売買が活発に成立するようになったのです。

また先日は、静岡県の『稲取ゴルフクラブ』も40万円の名義書換料を
期間限定ではありますが9月より、なんと!5万円(消費税別)に
大幅値下げを発表しました。入会費用が5万円だけです。
これならメンバーになろうと思うゴルファーが出てきておかしくありません。

現在、9月の名義書換を当て込んだ買い希望が増加していますが
売り希望は出ていません。きっと相場も上がり、名義書換の件数は活況となるでしょう!!

また、今年に入り茨城県のPGM系のザ・レイクスと玉造GCが
名義書換料を値下げしました。レイクスは40万円から25万円(消費税別)。
玉造GCが35万円から20万円(消費税別)。
共に買い希望が数万円と低価格だったのが
10万円を超える買い希望が出てきて、書換件数も増加しています。

一方、アコーディアゴルフもトランスファー制度(AGの定める条件を満たすゴルファー)
を利用すると名義書換料が半額になる制度を設け
以前より書換件数が増加しています。(グループでも一部を除く)

PGMもアコーディアも、これはこれで相場に好影響でいいことです。
悪いことではありません。
しかし、現在の低迷する会員権市場を考えるならば
最初に紹介した、秦野CCの10万円や稲取GCの5万円!!
このようなインパクトがあり『入会希望者の立場に立った』
大きな改革が必要ではないでしょうか。

会員権相場が10万円もしないのに
50万円も100万円も入会費用が掛かるという状況は
とても良識のあるバランスとは言いがたく
こんなおかしな状況はいつまでも続くはずがありません。

各ゴルフ場は、昔のように会員権相場の1〜3割が入会費用として適正であると
今一度再考するべきであると私は思います。
よしんば10万円未満の相場のゴルフ場は、入会費用3〜5万円が適正だと考えます。

また、できれば期間限定や何かをしたらというのではなく
会員権相場を考えて、単純に名義書換料の値下げを断行するべきだと思います。
もし、今後相場が大きく上がったとしたら
その金額に合わせて入会費用を再度値上げしてもよいのではないでしょうか。

そうすることが、ゴルフ場にもアクティブメンバーが増え
ゴルフ場も会員権市場も活性化することになると思います。
このままだと日本の会員制度は崩壊しかねないと警告します。
是非、各ゴルフ場のオーナー様には良識あるご判断をお願いしたいと切に願います。

秦野CC、稲取GC万歳!見事な英断!改革の先導者として心より応援します。


▲TOPへ

7/22 ゆとりのある運営で快適なおもてなし 木更津GC2
こんにちは、ガチンコ!です。
先日I先輩のシニアチャンピオンを祝うコンペに参加してきました。
場所は約3年ぶりの木更津ゴルフクラブです。
今回はI先輩、T先輩そしてゴルフ場の宮本支配人と廻ります。

コースレイアウトは、戦略性が高くティーショットの落としどころに注意が必要で
結果オーライを許さないタフなコースです。

木更津GCは昭和53年、日本経済新聞社のバックアップを得て開場しましたが
平成14年に経営会社とのこじれから会社更生法適用が決定。
平成17年10月に会員主導の中間法人を設立する案が認可され現在に至っています。

立地は木更津北ICから5キロと至便な場所にあり
もともとアットホームな雰囲気と従業員のサービスには定評のあるゴルフ場でした。

現在は会員主導の経営で、コースの掲げるスローガンは下記の3つになります。
(1) 手入れの行き届いた美しいコース
(2) 快適なクラブハウス
(3) 心地よい従業員のサービス

実際プレーをして感じたのは、メンテナンスの良さもさることながら
従業員のサービスの良さに驚きました。
フロント、レストラン、その他何処に行ってもしっかりとアイコンタクトをして
笑顔で気持ちよく挨拶をしてくれます。
クラブハウスでメンバーもゲストも快適に過ごせる雰囲気がしっかりとあります。

支配人のお話では毎年ベストキャディを選出し
金一封と専用カートにベストキャディの証を示すステッカーが貼れるとのこと。
ベストキャディの選出は、メンバーの中から50名の覆面審査委員が選ばれ
その中から投票がされます。もちろん誰が審査委員かは極秘で行います。
とにかくキャディさんの動きも良く、とても快適にプレーができました。

また、驚いたことに別のゴルフ場のレストランにいたTさんが
木更津GCのレストランにいたので、なぜこっちに移ったのと聞いたところ
人の紹介で木更津ゴルフの従業員教育は定評があり
マニュアルもしっかりしているので、本気で接客を学びたいなら
木更津GCが良いと言われて移ったとのことでした。

木更津GCでは年2回、全従業員を対象にした社員研修を実行。
研修の専門会社に依頼をして
各部署別にカリキュラムを組んだ社員教育を行っているそうです。
支配人に接客マニュアルを少し見せていただきましたが
本当にしっかりとしたマニュアルになっていました。
正直、3年前とは比べ物にならないぐらい接客は良くなっていました。

また、特に驚いたのは年間の来場目標です。
18ホールで年間の来場目標が3万2300人。
こんなに少ない来場目標は聞いたことがありません。
しかし、これでもしっかりと黒字の経営ができるのです。

支配人のお話では、メンバー主体の経営ですので大きく利益を上げる必要はなく
メンバーが快適にプレーをしていただく為に
必要最低限の収益を上げればよいという考えだと伺いました。
競技会をはじめその他色々なイベントが企画されていて、メンバー同士の交流も盛んです。

ゆとりのある運営から快適なおもてなしがあり
本当の意味のメンバーライフがここにはあるかもしれません。
木更津方面でゴルフ場の入会をご検討の方には
是非一度自分の目で確かめていただきたいゴルフ場の一つです。
視察プレーも承りますので、是非お問い合わせ下さい。

7/16 ますます目が離せない 武蔵CC豊岡C3
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、ゴルフ場さんのご好意により武蔵カントリークラブ豊岡コースへ行ってきました。
今回はゴルフ会員権組合の勉強会となりますので
途中先輩のKさんのお宅へ伺い、Kさんの車に乗り換えてゴルフ場へ向かいました。
つい1ヶ月半ほど前にY先生とプレーしたばかりですが
このゴルフ場は何度来ても感動を与えてくれます。

平屋のクラブハウスは清潔でやさしい雰囲気で
コースと同一の目線で見れるラウンジとレストランからの眺めは他に類を見ません。
メンテナンスも以前より更に磨きが掛かり
フカフカのフェアウェイからはディポットが見当たりませんでした。

この日は同じ組のO女史が何度もバンカーに入れ
その度に打ち方をアドバイスしに近くへ行きましたが
豊岡コースのアリソバンカーはあごが深く
自分の背丈をゆうに越える箇所が幾つかあります。

今まで何度も廻っているのですが
たまたま運よく深いアリソンバンカーには入れることなく済んでいたので
今回は新発見でした。

レイアウトは決して距離の長いコースではないのですが
井上誠一独特の罠が随所にあります。
ティーショットの落としどころは狭く
距離の短いミドルホールでもショットの精度が試されます。
グリーンの状態もいつも速いので
打ち損じのアイアンショットではグリーンに止まってくれません。
パットも下りはすこぶる早いので神経を使います。
今回参加の組合のローハンディの人たちもスコアメイクに苦労していました。

今回ゴルフ場さんからの説明で
今後は笹井コースもインターナショナルなコースへ化粧直しを思考中で
クラブハウスの建替えや距離の更なる延長
グリーンのワングリーン化等を計画しているようです。

現在はクラブハウスの素晴しい豊岡コースに人気があるようですが
笹井コースも変貌を遂げると今後は人気が出ることは必至だと思います。
名門武蔵カントリークラブにますます目が離せません。


▲TOPへ

6/24 まさにスポーツウィーク サッカーとゴルフ
こんにちは、ガチンコ!です。
先週はまさにスポーツウィーク。
ワールドカップ日本代表の歴史的勝利に始まりオランダ戦の大健闘!
サッカーが熱くなっています!

日本代表は最近の練習試合ではまったく良いところがなく
サッカーファンからも冷めた雰囲気が漂っていました。
しかし、カメルーン戦に勝利したことで一気に盛り上がりを見せました。
オランダ戦は負けはしましたが内容は素晴らしく
今週のデンマーク戦も大いに期待がもてます。
デンマーク戦は早朝の放送ですが、きっと多くの方が早起きして応援することでしょう。
(興奮して寝ない人もいるかも知れませんね)

そしてゴルフ界では我らが石川遼がやってくれました!
全米オープン予選ランドを見事2位タイで通過!
3日目も7位タイ、そして日本中のゴルファーが大いに期待した最終日。
相当なプレッシャーと戦い残念ながら息切れをしてしまいましたが
あの難しいコースレイアウトとセッティング
そして何よりも世界のメジャートーナメントという異様な雰囲気の中
本当に本当によく頑張ったと思います。

テレビで応援しながらハラハラドキドキというよりも
見ていて胸が苦しくなったのは私だけでしょうか?
10代でこんな経験が出来るなんて本当にすごい!素晴しい!と思います。

そして、遼くんのかたきを我らの藍ちゃんが晴らしてくれました!!
今年に入り早くも4勝目、世界ランクも堂々の1位と勢いはとどまるところを知りません。
まさに完全に世界の藍になった素晴らしい勝利です。

今週は全米女子プロトーナメントが開催されますので
藍ちゃんの活躍が今から楽しみです。
すでに見逃さないように録画予約もしっかり完了しました。
一方、国内男子もミズノオープンが開催されますのでこちらも楽しみ。
サッカーといいゴルフといい、まだまだ熱い熱いスポーツウィークが続き
寝不足になりそうです。
皆さん今週もしっかり応援しましょうね!

6/11 優待チケットで名門コースを優雅に楽しむ 嵐山CC5
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、顧客のS先生に誘われて嵐山カントリークラブへ行ってきました。
約2年ぶりになります。

この日はS先生から特別優待チケットを利用してもらい
グリーンフィが1万円引きとなりました。
嵐山CCでは、メンバーに誕生月に同伴ビジターのグリーンフィが1万円引きになる
優待チケットが発行されるのです。
利用期間は誕生月前後1ヶ月で合計3ヶ月。但し平日に限り有効となっています。

この誕生月優待チケットですが
私が入会している上総モナークCCにも同じような制度があります。
こちらは1万円までは安くなりませんが、土日も使えるので更に利用し易くなっています。
年に1度でも、親しい友人、知人を格安でお誘いできる制度は
メンバーメリットとして、とても素晴しいことだと思います。

実は先日のグレンオークスCCの委員会で、私は上記の制度の実現を提案しました。
支配人も早速今年から取り入れると了承してくれたので今後が楽しみです。

また、この日は空いている様子で前も後ろもいない状態。
結果ワンハーフと、久しぶりの嵐山CCを堪能させてもらいました。

まもなくクラチャンの予選が始まるということで、グリーンの状態も良好。
早いのはもちろんですが、嵐山CCのグリーンは微妙なアンジュレーションがあり
ショートパットも気が抜けません。
ちょっと弱く打つと微妙に曲がるのですが、グリーンが速くなかなか強めに打てません。
しかし、だんだんと慣れてきて後半はだいぶいい感じで打てるようになりました。
また、フェアウェイの状態も良好でディポットも少なく
やはり歩きの完全キャディ制の良さを実感しました。

この日は天候も快晴で風もさわやか、料金も安く優雅に名門コースを堪能できて
大満足のガチンコ!でした。


▲TOPへ

5/25 日本オープンを疑似体験 武蔵CC豊岡C2
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、顧客のY先生に誘われて武蔵カントリークラブ豊岡コースに行ってきました。
武蔵CC豊岡コースと言えば、『そうです!』昨年の日本オープンの舞台
名匠・井上誠一設計の名門ゴルフ場です。

この日本オープンでは激しい死闘が繰り広げられました。
3日目を終わった時点で石川遼が5アンダーで単独トップ。
しかし最終日には首位から4打差5位の小田龍一が67を叩き出し
石川遼、今野康晴と並びプレーオフへ。とても緊迫した雰囲気の中
プレーオフ2ホール目に小田がバーディを決め、見事初勝利をビッグタイトルで飾りました。

プレーオフを含めた最終日の模様は、上記3人の争いがとてもスリリングでした。
恐らく殆んどのゴルファーがテレビに噛り付いて観戦したのではないかと思います。

特に、遼くんの最終ホール入れば優勝のバーディパットと
プレーオフ2ホール目のバーディパットは本当に紙一重で
思わず入ったと思ったのは私だけでしょうか?皆さん私と同じ思いをしたと思います。
しかし、この日ゴルフの神様は最後に小田プロを選びました。

そんな素晴しい舞台となった豊岡コースですが
私はメンバーのY先生に誘われて10回以上プレーをしています。
よってレイアウトはしっかりと把握しています。

私も昨年の日本オープンはしっかりとテレビ観戦をしましたが
このショートホールを遼くんは5番アイアンで打つんだとか
ティーショットはあそこのバンカーを楽に越えてしまうのかと
実際に何度もプレーをしているのでテレビを見ていて面白さが倍増しました。

また、今回もプレーをしながらこのショートは自分はやはりユーティリティーだとか
あのバンカーを越えるのは絶対に無理とか
日本オープンの残像を残しながら楽しくプレーができました。

また、今回もY先生と仲の良いシニアの入野太プロもご一緒でしたので
色々と実践的なアドバイスをいただきとても参考になりました。
ショットの正確性も素晴しいのですが、一番さすがと思ったのは100ヤード以内のショット。
ラフでもバンカーでもとにかく全てワンピン以内につけてきます。

ですから当然ボギーを叩きません。バーディ逃しのパーが幾つもあり
ツアープロの実力に感じ入りました。
いつものようにワンハーフをしましたが何時来ても流れが良く
この日も全て2時間ちょっとで廻れました。

今回グリーンが武蔵にしてはちょっと遅い?と思いましたが
何時来てもハイクオリティと感じる素晴らしいゴルフ場です。
今回は写真を撮ってきましたので是非ご覧下さい。 (武蔵CC豊岡Cの写真はこちら

5/19 ひどい奴!と言ってもらえる喜び 成田GC4
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、顧客のSさんAさんKさんに誘われて成田ゴルフ倶楽部へ行ってきました。
今年3月にプレーして以来となります。
前回プレーしたときの水はけの悪さは、晴天が続いている関係でまったく気になりません。
フェアウェイの状態は良好です。しかし、グリーンが少し重いのが残念でした。

私以外のお三方は成田GCが初めてとなりますので、とても楽しみに来られたご様子。
私を含めスタート1時間半前には到着し、4人で練習場でしっかりと打ち込みをしました。
特に私はシャンクが止まらずSさんにご指導をいただきながら
しっかりと打たせていただきました。皆さん練習場の雰囲気にも大満足のご様子です。
マスター室にバックティの申請をして、いざOUTコースからスタート。

成田GCは川田太三氏の設計ですが、各ホール趣きが異なり景観の美しいゴルフ場です。
殆んどが右サイドにOBやハザードが設定され
スライサーにはプレッシャーの掛かる造りになっています。
バックティでは7100ヤードを超えますので、距離もたっぷりありますが
SさんAさんは嵐山CCのシングルですので、やり応えあるコースを満喫しているご様子。

あっと言う間にハーフが終わり昼食では
グレンオークスCCから最近移動になったSマネージャーや
顔なじみのウェイトレスさんも2名いて、居心地の良い雰囲気の中
Sマネージャーからはおつまみをサービスしていただきました。

午後も快晴で最高のコンディションです。
午後からはSさんAさんと軽〜く握りしっかり勝たせていただきましたが
Sさんからは『練習場であんなにシャンクばっかり打っていて、
しかも私が教えてあげたのにひどい奴だ!』とお咎めを受けてしまいました。
しかし、Sさんとは20年以上の付き合いです。
『ひどい!ひどい!』と言いながら顔は嬉しそうに笑っています。

Sさんとは私がゴルフを始めた頃によくご一緒していただき
ゴルフのことに限らず人間としての生き方についてなど
色々なことをご指導いただきました。歳も約10歳上で私の兄貴分的存在です。
おそらくSさんもそんな弟分に負けたのが逆に嬉しかったのだと思います。

次回はSさんのホームコース、嵐山CCで再戦することを誓いお別れとなりました。
Sさん次回もよろしくお願いします!ひどい奴と言ってもらえるよう頑張ります!!


▲TOPへ

4/30 和風の優しい雰囲気に包まれた優良ゴルフ場 総成CC2
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、ゴルフ場さんのご好意で総成カントリー倶楽部へ行ってきました。
約4年振りになります。

こちらはいつも行き慣れている東関道・成田ICから5キロ約8分で到着です。
開場は昭和39年、自然な樹木にセパレートされたフラットな27ホール。
コースレート71.6。コース設計は飯能GCや袖ヶ浦CCを手掛けた名匠・和泉一介氏と
増設南コースは戸塚CCの設計で有名な間野貞吉氏。
クラブハウスは吉村順三氏設計の純和風テイストのモダンな造りで人気があります。

現在正会員数1,045名と27ホールにしてはとても少ない為
今回追加募集をすることになりました。正会員550万円で100口の募集となります。
内訳は、入会保証金350万円(10年間据置)と入会金200万円、
年会費は47,250円となります。

総成カントリー倶楽部の特徴は、なんと言っても預託金をきちんと返還していることです。
バブル崩壊後、預託金償還問題から法的手続きが当たり前の風潮になりました。
そんな時代にきちんと返還をしている、大変貴重なゴルフ場なのです。

また、ネット予約全盛の現在でありながらネット予約は行わず
メンバーの紹介・同伴を貫いている名門ゴルフ場に準ずる大変希少なゴルフ場であります。
過去には日本女子オープンや日米女子プロ対抗競技なども開催されました。

コースは、各ホール年輪ある樹木にセパレートされたフラットなレイアウト。
景観も美しく落ち着きのある佇まいは、クラブハウスもそうですが
ゴルフ場全体がどこか和風の優しい雰囲気に包まれている感じがします。

予約も当然メンバーは予約なしでいつでもプレーができます。
ネット予約をしていないので満杯になることは無く、いつでもゆとりのある状態です。

キャディも含め従業員の教育も素晴らしく
ストレスなく落ち着いた雰囲気でプレーをしたい方には
まさにうってつけのゴルフ場と言えるでしょう。

当社では視察プレーを承ります。
土日もリーズナブルな料金設定でプレーができますので
ご興味のある方は是非プレーをしてみて下さい。
もし、お一人でも私ガチンコ!がお供させていただきます。

4/22 自分に合っている会社と言われて 嬉しいお問い合わせ2
こんにちは、ガチンコ!です。
最近は嬉しいお取引などを報告させていただいておりますが
今回もまた嬉しいことがありましたのでご報告させていただきます。

3週間ほど前になりますが、千葉市にお住まいのKさんから当社に電話がありました。
たまたま私が取ると、Kさんから『今度会員権を買いたいのですが、
おたくにお願いしたいと思うのでお邪魔してもいいですか?』と連絡をいただきました。
こちらは当然『何時でもどうぞ』とご予定を聞き、後日当社にご来社いただきました。

Kさんは初めて会員権を購入するのですが
千葉県の2つの優良コースで悩まれていました。
私なりにアドバイスをさせていただき、入会コースを選定し正式にご注文をいただきました。

そして『何故当社に任せようと決めたのですか?』と質問をすると
『会社から近いことも一つですが、御社のホームページを見ていて
私にきっと合っている会社だと感じたからです。』とおっしゃっていただきました。
私なりに解釈すると、手前味噌になりますが当社のホームページの作りやコラムなどから
アットホームな印象を受けていただけたのだと思います。

当社ではお客様を煽るような営業は決してしません。
購入の場合は今後下がりそうであれば待っていただくようアドバイスをしますし
逆に今後上がりそうな局面では、売り希望の方にも待てるのであれば
暫く様子を見たほうが良いとアドバイスをします。

しかし、残念なことに待っていただくようアドバイスをして
いいタイミングがきた時にご案内をすると、その方の買う気がすでに失せていて
注文を取り下げるということもたまにありますが、それは仕方のないことだと思っています。

よく鉄は熱いうちに打てと言います。
ビジネスライクに考えると、売りたい人も買いたい人も
問い合わせが来たときに『早いほうが良いですよ』 と煽るほうが
当然に成約件数は増えるでしょう。しかし、特に急がない方から相談されれば
私見になりますが、正確な見通しをお伝えするのが誠意ある対応だと思います。

最近、ありがたいお問い合わせが増えていますが
そんな気持ちが少しでも伝わっているのかなあと思えてとても嬉しくなります。

これからも煽ることなく、誠意を持って対応させていただくことを忘れずに
努力したいと思います。

4/7 ご指名いただきました! 嬉しいお問い合わせ1
こんにちは、ガチンコ!です。
先日Mさんとのとても嬉しいお取引を報告させていただきましたが
今回も嬉しいことがありましたので、ご報告させていただきます。

2週間ほど前になりますが、横浜市にお住まいのOさんから当社に電話がありました。
『ガチンコ!さんと話がしたいのですが、いらっしゃいますか?』
とご連絡をいただいたのです。

たまたま来客中でしたので、後ほど伺った連絡先に電話を入れると
『いつもガチンコ!日誌を読んでます。
今度入会したいゴルフ場があるので是非相談に乗っていただけませんか?』
と嬉しいお言葉をいただきました。

今までにもお客様からのお問い合わせにお答えしていると
『もしかしてガチンコ!さんですか?いつも読んでいますよ。』
と聞かれることはよくありました。
しかし今回のように『ガチンコ!さんと話がしたい』と
最初からご指名を受けることはそう多くないと思います。

後日Oさんにはご来社いただき、検討しているゴルフ場の話を聞き
私なりにアドバイスをさせていただきました。

まだ、コースを選定中で成約はしていませんが、必ずベストプライスの物件を探し
ガチンコ!に頼んで正解だったと喜んでいただけるよう頑張りたいと思います。

いつも拙い文章ですが少ない知恵を絞り
ゴルフ場の様子や、当社のモットーである『お客様に真に喜ばれる商い』の精神が
少しでも伝わるようにと、重たい筆を走らせています。(筆不精なので)

そんな中、Oさんのようにご指名をいただくということは
そんな気持ちが少しでも伝わったのだと、とても嬉しく思います。

これからも拙い文章ですが誠心誠意書かせていただきます。
引き続きご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。


▲TOPへ

3/30 長太郎CCでの出会いから 嬉しいお取引
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、とても嬉しいお取引がありましたので報告させていただきます。

昨年9月、ゴルフ仲間のOさんIさんと久しぶりに長太郎CCへ行った時の話を
このガチンコ!日誌で書かせていただきました。

その日はまだ入会して間もないMさんという方がフリーで私達の組に入られました。
私達3人は旧知の仲ですので特別緊張感はありませんが
Mさんは私達とは面識がありません。最初は緊張していると思います。
ゴルフ場ではよくあるケースですが、構図としては3対1ということになります。

そんな時私は一人だけ疎外感を感じないように、とにかく質問攻めをします。
何処に住んでいるのですか?から、このゴルフ場を選んだ理由、家族構成など
ティーグランドでの待ち時間などに、とにかく思いつくことを話しかけるようにしています。
大体の方は嬉しそうに答えて下さり、お互いの距離が一気に近づきます。

昼食時には古くからメンバーのIさんから
最近のゴルフ場に対する不満の気持ちを聞く一方
逆にMさんからは長太郎に入会してとても満足している様子など
まるで以前から知っている仲間のように、4人で和気藹々と話が弾みました。

その時Mさんから、もうひとつ別のコースの入会も考えているというご相談を受けました。
私はオーク・ヒルズCCとグレンオークスCCの内容をお話して、お勧めしましたが
Mさんはとても興味深く聞いていました。

別れ際にはMさんから『今日は本当に楽しくプレーできました。
気持ちが固まりましたら必ず連絡しますので、その時はよろしくお願いします!』
と大変ありがたいお言葉をいただきました。

そして、かれこれ半年が過ぎた先日、Mさんから連絡が入ったのです。
『以前、長太郎CCでご一緒したMですが覚えていますか?
やっぱりグレンオークスCCに入りたいと思うので売り物を探して下さい。』
と嬉しい連絡をいただきました。
すぐに法人の決算対策の売り希望を価格交渉して
MさんにとってGOODな価格で成約をさせていただきました。

今回のようにゴルフ場では色々な出会いがあります。
初めてご一緒した方で、たまたま私が会員権の仕事をしていることを知ると
あのゴルフ場はどうなの?と質問をいただいたり
今度動かす時は是非相談に乗って下さいと
大変有り難いお言葉を頂戴するケースがよくあります。
そんな時、この仕事をしていて良かったなあと思うのです。

専門であるが故に、一般ゴルファーよりもゴルフ場に対する知識は当然あります。
そして自分から営業をするでもなく、相手から
今度相談に乗ってほしいと言っていただけたり、実際に連絡をいただけるのは
少なくとも相手の方が、私を信頼してくれたからだと思うのです。

よく、ゴルフはその人の性格が出ると言います。
普段おとなしい人がそうでもなかったり、とてもまじめそうな人がごまかしたり
スコアが悪いとカッカして表情や態度に出したり、、、

いったい自分はどんなゴルファーだろうと思うときがありますが
上記の人たちは少なくとも私を悪いゴルファーではないと思ってくれているのでしょう。
ですから、今回のように半年も経ったにも関わらず
わざわざ連絡をいただいたMさんには本当に感謝の気持ちで一杯です。
Mさん、これからもよろしくお願い致します!

また、忘れてはいけないのは当日OさんIさんから
『この人なら任せて安心ですよ』と強くご推挙をいただきましたこと。
お二人にも深く感謝!感謝!です。

『吉報は忘れた頃にやってくる』   BY ガチンコ!!

3/23 長いトンネルを抜け出せるか ゴルフ会員権市場
こんにちは、ガチンコ!です。
今回は相場の動向についてコメントします。

例年会員権市場は年末にかけ相場が弱くなる傾向がありました。
これは、税金還付を目的とした売却や
翌年から発生する年会費を考慮した売却などがあるからです。
その反面、年が明けてからは売り物件が極端に減少し
買い希望が徐々に値を上げるという傾向があります。
しかし、今年の1月2月の会員権市場は横ばいが続き
買い希望が増加しないので取引件数も少なく、低空飛行を続けたままでした。

要因は色々ありますが、大きな要因としてリーマンショックによる世界的な景気後退、
そして2番底があるのではないかという不安心理。
そしてもう一つ私が思う大きな要因として、昨年秋の政権交代があると思います。

昨年、民主党は圧倒的な国民の支持を得て政権交代を果たしました。
国民の期待度はとても高く、民主党の政策に大いに注目しています。
しかし、残念ながら天下りの断絶も期待通りとは言えず
日本郵政や普天間基地問題、高速道路の無料化、子ども手当てなど
国民が納得する政策を実行しているとは言えない状況だと思います。

基本的にゴルフ会員権は生活必需品ではなく
ゴルフをする上でも必ずなくてはならないものではありません。
(名門コースは別として現在は土日でもビジターが予約可能なコースが増えたため)

ですから当然、ムードに大きく左右されます。
株式市場が上昇傾向か否か、景気の先行きが明るいか否か、
入会を検討している方々がこれからは少し上がりそうだと感じ
今購入したほうが得だと考えた場合に行動をするのです。

先ほど申し上げましたが、民主党政権に期待はするものの
期待通りになっていない歯がゆさや、これからも任せて大丈夫かという不安感が
ムードを悪くしているのだと思います。

しかし、最近はやっと景気の2番底懸念も薄らぎ、企業業績も上向いてきましたし
株式市場も年末にかけて上がるだろうという意見なども多く出てきました。
そんな状況からか高額会員権の買い希望が大きく増加してきたのです。
毎回そうですが、最初に動き出すのは名門と言われる高額会員権です。
そしてそこから徐々に下位のゴルフ場へ波及するのです。

現在、大きく値下がりをして
4〜5年利用すれば充分に元が取れると思われるゴルフ場がごろごろしています。
中堅のゴルフ場や低額の優良コースは、『これからはもうそんなに悪くならないだろう』
という雰囲気が出始めると状況が一変します。
踏ん切りのつかない購入希望者も一気に動き出すのです。

今年の冬は寒い日が続き、週末になると雨が降るという不順な天候が続きました。
しかし、桜の開花と共にゴルファーのムードも好転するかもしれません。

購入のご検討をされている方はそろそろ再考してみてはいかがでしょうか。
私はそろそろではないかなあと感じてきました。

3/10 ゆとりのある空間を感じるゴルフ場 成田GC3
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、約1年ぶりに成田ゴルフ倶楽部へ行ってきました。
今回も、お世話になっているメンバーのSさん、お得様のEさんと3人で廻ります。

最近雨模様の日が多く、なかなかすっきりしない天気が続いています。
2日前も雨が降り、とにかく寒い一日でした。
案の定Eさんから『当日も天気悪そうだけどどうする?』と相談の電話がありました。
当日の天気予報は午後から雨が降る予報でしたが
メンバーのSさんにスタート時間を1時間早めてもらい決行することになりました。
当日はゆっくり練習をしようとスタート1時間以上前に到着し
朝食をとり、練習場へと向かいました。

前回も書きましたが、私はこのゴルフ場の練習場が大好きです。
ドライビングレンジは距離もありとても広々していて、アプローチエリアも充実しています。
ボールは打ち放題で芝の上から打つことができ、まさにパーフェクトと言うしかありません。

いつも空いている成田GCなので進行もスムーズだろうと予想していましたが
スタート前にキャディマスターから、『後ろの組の皆さんは午後の雨を心配して
スルーにされる方が殆んどですが、いかがされますか?』と案内をいただき
私達も当然スルーで廻ることにしました。
もし、満杯のゴルフ場ならこのような芸当はとてもできないでしょう。
とてもゆとりのある空間が、このゴルフ場には存在します。

ただ今回少し気になったのは、水はけの悪い箇所が幾つかあり
特にラフはすぐに改善すべきと思わせるところが多々ありました。
今まではいつも夏場前後にプレーをしていたので
芝付も良く水はけも良いと感じていましたが
今回初めて冬場にプレーをして、悪い部分も発見しました。
ただ、キャディさんの話ではこちらはまもなく工事の予定があるそうで
近いうちには改善されるでしょう。

ラウンドを終えて遅めの昼食を取りましたが
私はここのレストランの雰囲気と食事も大好きです。
レイアウトは英国風のとても落ち着きのある造りで
テーブルも少なく、静かなたたずまいになっています。
食事も美味しく、特にここのキムチは絶品です。(英国風とはミスマッチ?ですが、、)
今回は和風ハンバーグをいただきましたが、とても美味でした。

3人でゆっくり談笑し食事を終えると、雨が降る気配がまったくありません。
せっかくの練習施設なので、当日の反省を兼ねて練習することになりました。
練習場に行くと、知り合いのグレンオークスCCのメンバーIさんが
キャディバックを担いでやってきました。Iさんは成田GCもメンバーです。
ご挨拶をすると、やはりこの練習施設がお気に入りで
ラウンド後もよく練習しているそうで、数年前に比べてとても上達したIさんには
この練習施設での秘密の特訓があったのだと思い、納得しました。
色々とチェックポイントをおさらいし打ち込んでいるとあっという間に夕刻になっていました。

平日ではありますが、これだけゆとりのある空間を感じるゴルフ場は数少ないと思います。
ご興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
(今回撮影した写真がご覧いただけます。成田GCの写真はこちら


▲TOPへ

2/18 名変料値下げで更に入りやすく 玉造GC2
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、ゴルフ場からのお誘いを受け玉造ゴルフ倶楽部捻木コースへ行ってきました。
約4年ぶり2回目のプレーとなります。

前回初めてプレーした時も感じましたが
コースレイアウトは、池が随所に絡み景観も美しい戦略性に優れたコースです。
当日は気温が低い上に強風で体感温度がとても寒いのと
ボールの行方も強風に左右され、より難しいゴルフとなりました。

アウトコースは6ホールに池が絡み、特に4番199ヤードのショートホールは
左右が池で縦長のグリーンなのでプレッシャーが掛かります。
ショットは良い感触も、思った以上に風が強く左に流され池スレスレでした。
インコースも6コースに池が絡み
12番179ヤードのショートは強風の完全なるアゲンスト。
ティーアップしたボールがこぼれそうになるほどで、皆さん大叩きをしていました。

グリーンのコンディションはなかなか良い状態ですが
ティーグランドとフェアウェイはもう少し手入れをされたほうが良いと感じました。

この玉造GC、メンバー数は正会員約3800名になりますが
すぐ近くに隣接する若海コースも利用でき
2コース(36ホール)がメンバーコースとしてプレーできます。

予約状況も取りやすく穴場的なゴルフ場です。
立地は常磐道・千代田石岡ICから25分前後、東関道・潮来ICから30〜40分ですので
インターからちょっと遠いのがネックになります。

しかし、現在の入会費用を考えるととても割安だと思います。
そして今回名義書換料を367,500円から210,000円に大幅値下げをしました。
会員権相場が現在10〜15万円ですので
トータルコスト36〜41万円前後でメンバーになれるのです。

購入の予算が50万円までの方で、常磐道沿線に至便の方は
是非一度プレーをしてみていただきたいと思います。
視察プレーも当社で承りますので是非!

2/9 戦略性豊かなモンスターコース きみさらずGL2
こんにちは、ガチンコ!です。

先日、業界の先輩T氏I氏、そして久しぶりにレイン君と
きみさらずゴルフリンクスへ行ってきました。約1年ぶりとなります。
今回はブルーティで廻りましたが
全体的にバックティのポジションに近くやり応え充分です。
この日のショットはまあまあでしたが
とにかくピンポジションがタイトで難易度が倍増です。

打った瞬間自分的には完璧と思える手ごたえでこれは間違いなくベタピンと思うショットが
グリーンをこぼれてグリーン脇の溝にこぼれていたり
ピンに絡んだかと思う手ごたえも、最後のひと転がりで顎の深いバンカーに入ったりと
バーディーチャンスと思ったのも束の間ボギーでも上出来というピンチになってしまいます。
また、グリーンの状態も良く速いのでなかなか止まってくれません。

名物の17番浮島のショートホールも190ヤード軽いフォローを5番アイアンで
手ごたえは完璧!バーディーチャンスと思って池を渡るもボールはありません。
おそらく転がって奥の池に入ったと思われます。

普通のゴルフ場なら、どんなに悪くともカラーでは止まっているだろうという感触でしたが
無情にも池ポチャとなっていました。

そんな風に手ごたえ充分の納得のショットもなかなかパーオンすらさせてくれないのです。
結局93回でしたがショット、パットとも内容は良かったので
易しいレイアウトのゴルフ場なら、きっと80そこそこでは廻れたと思います。

きみさらずゴルフリンクスは
鬼才ピート・ダイ設計による難易度の高い戦略性豊かなコースです。
池やバンカーもタイトに絡み各ホール特徴が異なります。
各ホールに必ず罠が仕掛けられています。

また、結果オーライがまったくなく
上級者になればなるほど、その差が明確に出るコースだと思います。
そんなただでさえ難しいレイアウトで
この日のようなピン位置では歯が立たないと痛感しました。

またリベンジしたいと思わせる素晴しいゴルフ場です。
腕自慢のゴルファーでまだプレーしたことのない方は
是非一度プレーすることをお勧めします。現在募集中ですので視察プレーも承ります。

2/3 正真正銘のフルバック オーク・ヒルズCC4
こんにちは、ガチンコ!です。
先日、グレンオークスCCのメンバーTさん、Oさん、Hさんと
姉妹コース、オーク・ヒルズカントリークラブへ行ってきました。
当日は折角なのでフルバックティを申請。ハンディキャップの規制をギリギリクリアです。

グレンオークスCCとオーク・ヒルズCC、皆川城CCは夏季、冬季に相互利用ができます。
3コースのメンバーは、この期間は異なるゴルフ場へ行っても
メンバー料金でプレーができるので、当然4人ともメンバー扱いとなります。
(Tさんは両方の正規メンバーですが)
当日は4ホールほどグリーンが寒さで硬くなっていましたが
跳ねるほどではなかったので、この時期としてはまずまずでしょうか。
久しぶりのオーク・ヒルズCCですが、グリーンをはじめその他のメンテナンスも良く
なかなかGOODな状態です。

今回プレーして良かったのは
オーク・ヒルズCCのフルバックを初めて体験できたことです。
通常ゴルフ場は時期によりフルバックの位置が変わります。
ホールによっては、フルバックと言っても通常はバックティとして利用しているところを
使用するケースが多く、正規のバックティのポジションを利用できることは少ないのです。
理由は、進行上の問題やティーグランドの芝の育成などが挙げられます。
ただ、クラブ選手権などの期間は1ヶ月ほど前から
正規のポジションを利用したりするところが多いと思います。

そして今回、フルバックでプレーをしたのですが
全てが一番後ろで、正真正銘のフルバックでした。
特に驚いたのが、通常のバックティよりも遥か後方にある7番と16番のロングホールです。
共にバックティの位置よりも約35ヤード後方にあり
皆で、『こんなところにティグランドがあったの?』と
今までティグランドの存在すら気づかなかったほどです。

また、14番のショートも一段高い位置からで景色が違って見えますし
オーク・ヒルズCCで一番難易度の高い6番ホールも約35ヤード後方になり
難易度が更に増します。433ヤードのミドルホールですが
なだらかな打ち上げなので、実際は460ヤードのミドルといった感じでしょうか。
今回運よく初めて正規のバックティからプレーすることができ
オーク・ヒルズCCの難易度の高さを実感するとともに
期間は限定としてもメンバー扱いでプレーできる相互利用の素晴しさを再確認しました。

今回は皆スコアもイマイチでしたので、メンバー扱いでプレーできる3月中旬までに
リベンジすることを誓い、それぞれの帰路につきました。


▲TOPへ

1/12 メンバーライフ(わがまま言ってごめんなさい) グレンオークスCC54
こんにちは、ガチンコ!です。
今年の初打ちは1月4日、
仲良しのYさん、Sさん、Y本さんとグレンオークスカントリークラブに行きました。
朝、7時30分にゴルフ場到着。その時の気温は−3度。辺り一面霜が降りています。
今回は9時のスタートでしたのでゆっくり入念に練習をし、廻る頃には霜も溶けていました。

今年最初のティーショットはやや引っ掛け気味もまずまずの当たり。
残り100ヤードのセカンドを2メートルにつけました。
そして幸先良くバーディーと気合を入れましたが、惜しくもカップに蹴られてパー発進。
しかし、下手にバーディーよりもパー発進の方が
一年間良いことがありそうな気がして良しとします。

この日はY本さんの誕生日でしたのでお昼は宴会状態。
ビール、日本酒そしてワインも2本空け、皆でほろ酔い気分(しっかり酔っている)
になったのですが、驚いたのはバースディケーキが出てきたことです。
聞くと、朝Y本さんがレストランに『俺、今日誕生日なんだけどケーキ作れる?』
と相談したところ、『お昼には間に合わせます』とのこと。
そして、見事に立派なロウソク付きのホールケーキが出てきました。

食してみるとこれがとても美味しく、グレンオークスCCの料理長の腕の凄さを再確認です。
グレンオークスCCの食事はとても評判が良く、何でも美味しいのですが
メニューになくても、リクエストすると食材さえあれば作ってもらえます。
私は大好きな豚の生姜焼きをよくリクエストしますし
Sさんは考えるのが面倒くさいと言って『おまかせ』といってオーダーします。
毎回違ったものが出てきますがどれも美味です。
(いつもSさんは「つまんで」と言ってくれるので知っているのです)

宴会状態の為、午後のスタート時間があっという間に迫ってしまったのですが
レストランからキャディマスター室に電話で相談してもらい
約40分遅らせていただきました。お陰でゆっくりと宴会ができました。

バースディケーキといい、スタート時間の融通といい、
全員がメンバーであるからこそ、要望に応えていただけたと思います。
ビジターで行ったコースでは当然こんなことはあり得ません。
これぞメンバーライフ!でしょう。
新年早々アットホームなグレンオークスCCの良さを実感でき、大満足のガチンコ!でした。

1/5 今年は『寅年』 新年のご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

今年は『庚寅(かのえとら)』です。
とある説によると「庚」(かのえ)は十干の七番目で「金の兄」。
陰陽五行で「金」性の「陽」にあたります。
金は金属や鉄で、「庚」は刀など大きくて硬い金属を象徴するそうです。
「庚」の字は更(あらたまる)で、草木の成長が行き詰まり
新たな形に変化しようとする状態を表しているそうです。
また「寅」は、十二支の三番目。陰陽五行で「木」性に当たります。
季節は新春を迎える旧暦の一月、方位は東北東が割り当てられます。
動物は虎(とら)になっています。
「寅」の字は「動く」意味で、春が来て草木が発生する状態を表しているそうです。

「庚寅」は新制度や新しい会が出現する年と考えられます。
世界的にも新しいうねりが起こりうる年となるでしょう。
60年前には朝鮮戦争が勃発していますが
日本の場合、その戦争によって特需景気となっています。
もちろん戦争は決して歓迎されるものではありませんが
違ったかたちで日本の景気が上向くことを期待したいと思います。

今年起こりうるニューウェーブが世界平和を導き
現在の不況感を吹き飛ばしてくれることを切に願います。


▲TOPへ